拒絶理由

受講をお断りしている要因はこちらです。

学生、及び日本国内法における無資格施術開業者 無資格施術者は基本的に日本国憲法による「公共の福祉」において存在してはいけない者であるが故に論外
学生も正確には無資格者であるが故にお断りしてます。
また、後述しますが後述の案件でも不可という事になります。
開業後6年以上 開業後5年というのは開業資金の返済期間であり、院の方向性を決める期間でもありますので、治療院としての骨格を作って貰うための講習会であるので会費を安く設定しているわけです。
開業後6年以上にもなると、開業資金の返済も終わるだろうし、そうなると院の方向性も既に決まってる状況であるでしょうから当講習会での知識は不必要になってないといけないわけです。
本来なら新規開業者に対するアドバイスをしなきゃいけない開業年数だと思いますので受け付けておりません。
勤務柔整師 当講習会の手法を用いる場合、おそらく勤務先の手技と全然別個のものになると思われます。
院の中で別の手法が存在するのは、勤務先に影響を及ぼしますし、本来なら勤務先の院長に教えを請うべきだと思いますのでお断りしてます。
他の講習会を主催、もしくはそれに準ずる立場にいる者 講習会を主催、もしくはそれに準じているということは、それなりに論拠と理論と手法が確立されているわけでしょうから、新規開業者対象の当講習会を受講する意味は無いでしょうし、もし、当講習会の論拠とか理論とかをご自身の講習会に持ち込みたいというのなら、今までの論拠や理論はなんだったのでしょうか?
そんなくだらない講習会を延命させるようなお人好しじゃ無い訳で、関わって欲しくは無いです。
MPS研究会所属、もしくはかつて所属していた者に関しては別ページにします。
詳細はこちら